東京海洋大学海事普及会
会の紹介 活動内容 活動予定 活動報告 プラネタリウム 海事資料室 リンク
   

ホーム> プラネタリウム

  
プラネタリウム
 プラネタリウム本体

海事普及会では越中島会館屋上に設置されているプラネタリウムの上映・整備をしています。東京海洋大学のプラネタリウムは1965年3月に設置された株式会社五藤光学研究所のM-1型プラネタリウムで、国産最古のものとなっています。天文航法の授業や研究で使うことを目的に設置されました。
※レンズ投影方式で全天に恒星が投影でき、惑星の年周運動が自動のプラネタリウムの現役機として(2015年にメーカーに確認済み)

 プラネタリウムの椅子

毎年海王祭で上映会を行っています。1年生が操作技術の継承を兼ねてメニューを考えています。海洋大学らしい上映内容と生解説が特徴です。




 プラネタリウムのドーム
M-1型について

M-1型プラネタリウムは、五藤光学研究所が昭和34年(1959年)に日本で最初に開発したレンズ投映式中型プラネタリウムです。MARSの愛称を持っています。

約4500個の星や月や太陽、水星、金星、火星、土星、木星といった惑星系を投影できること、南半球を含めた全天を映し出すことができること、レンズ式ならではのシャープな星の像が特徴です。最新式のプラネタリウムには星の数や星の明るさで到底かないませんが、2015年から16年にかけて行われた近代化改修工事で10年前の業務用プラネタリウム以上の明るさで星を映し出すことができるようになりました。本学のものは機械の刻印から、M-1型の中でも114号機のもので、また1965年3月に設置されたことがわかります。

 制御盤

当時(山手線の初乗りが10円だった頃)の価格で約800万円といわれています。M-1型は、東京・浅草の新世界をはじめアメリカの博物館など様々な場所に設置され、注目を集めました。現在も現役で稼働しているM-1型は本学のものが最古かつ唯一であり、貴重な存在となっています。






[重要]プラネタリウムの公開について

プラネタリウムは現在、基本的に6月上旬に行われる海王祭でのみ一般公開しています。
またプラネタリウムの管理・運営は海事普及会の学生が行っているため、お問い合わせは大学の事務室ではなく海事普及会のメールにてお願いいたします。

なお、10人以上39人以下の団体で、希望の日時と学生の都合が合えば、上記の海王祭以外で公開できる可能性がありますので、ご希望の方は当会までお問い合わせ願います。





       

お問い合わせ 

トップページへ
サイトマップ 東京海洋大学
Copyright kaiji_fukyukai ,Tokyo University of Marine Science and Technology All right reserved.
 
inserted by FC2 system