東京海洋大学海事普及会
部活紹介 活動内容 活動予定 活動報告 プラネタリウム 海事資料室 リンク

   

ホーム> 会の紹介 
 
会の紹介

海事普及会は東京海洋大学(旧 東京商船大学)の課外活動団体(部活やサークルのこと)です。海洋工学部学友会に正式に所属し、海と船の事を多くの方に知ってもらうための活動をしています。

海事とは船を中心としながら造船や流通、海上保険、港湾までを含む言葉です。魚をはじめとした海洋生物や漁業のことは含まず、あくまで交通手段としての海を指す言葉です。

活動の様子




活動概要

海事普及会では海、船の事を多くの方に知ってもらうため巡回活動や地域のイベントへの参加、プラネタリウムの公開などを行っています。

活動の原点である巡回とは海に縁のない地域の子供達に海と船の役割や面白さを伝えに行く活動です。

活動概要

地域のイベントでは手旗信号やロープワークを通して海の文化を知ってもらえるようにブースの出展をしています。最近では科学を通して船に興味をもってもらえるよう新しい形態でのブース出展も始めました。

また、日本最古の国産プラネタリウムの運営を大学から委託されており、プラネタリウムを用いた海事普及活動にも取り組んでいます。

詳しくは活動内容、プラネタリウムのページをご覧ください。

→ 
活動内容のページへ    → プラネタリウムのページへ
歴史

海事普及会は長い歴史を持っています。海事普及会の創立は1957年(昭和32年)で、 「商船大学」が「東京商船大学」と改称された年でもあります。初代主将は商船大の7回生で、10名の部員によってスタートしました。

創立当時は、商船大を筆頭に、水産大、早稲田大、慶応大、明治大、法政大の東京の6つの大学のメンバーから構成され、それぞれの大学に海事“思想”普及会や海事“流通”普及会などの役割を置いていました。とりわけ、海事思想普及会では、『港々に女あり(A Girl in Every Port)』(1928年)などの映画の影響で、船乗りのイメージが下がってしまったことに対する正しい“思想”の普及が目的であったようです。

当時の活動は、日本国内だけではなく、アジア(韓国)やヨーロッパ(ドイツ)などとも大使館を通した交流を行い、国際的な活動が行われていました。日本船長協会の協力により、海事普及会の活動及び活動の発展が行われてきたようです。

    (2009年7月20日、商船大7・37期生合同卒業50・20周年同窓会での初代主将の話をもとに記載) 歴史
平成23年6月8日に天皇皇后両陛下に手旗信号を御覧戴きました。

現在では日本殉職船員顕彰会が主催する追悼式のお手伝いや、海事広報協会の広報イベントのお手伝いをさせていただいています。また、2015年1月に海事振興連盟ボランティア事務局に指定していただきました。


活動場所・時間

活動時間:必要に応じて水曜日の18時から

活動場所:校舎地区グランド横の部室や越中島会館屋上のプラネタリウム(下図の13)など

    ※このほかにイベントへの参加は月に1.2回ほどありますが、任意参加です。

    ※見学される場合、ご連絡がある場合はあらかじめメールで連絡させることをお勧めします。

越中島キャンパスマップ
   部室は()にあります。
メンバー構成

現在の部員は42人で、海洋工学部の各学科の学生が入会しています。内訳は男子34人、女子9人で、学科別内訳は海事システム工学科が23人、海洋電子機械工学科が14人、流通情報工学科が6人です。

海事思想を普及しようと入部したやる気溢れる部員や海洋大らしい部活に入りたいと入部した部員、プラネタリウムに憧れて入部した部員などそれぞれの入部理由はバラバラですが、各企画に一致団結して活動に取り組んでいます。



 
学科・学年別部員構成(うち女子)
※平成28年7月現在
1年生2年生3年生4年生
海事システム工学科8人(2人)4人7人5人
海洋電子機械工学科4人2人3人(1人)3人(2人)
流通情報工学科2人(2人)4人(2人)
ユニフォーム
活動するときに着用する海洋大学工学部の正服
※式典など正式な時に着る服なので正服と書きます

各活動班の紹介

海事普及会では、円滑な活動を可能にするために役割ごとに班を作っています。

  • 部長・副部長
    • 各班の活動が順調に行えているかを確認し、支援しています。海事普及会の顔です。
  • 会計
    • 活動に必要な資金調達をします。
  • 主務
    • 研修会や親善イベントの企画を担当しています。
  • 広報班
    • 海事普及会ホームページ、Twitterの運営をしています。
    • また、海事普及会に関わる情報の発信も担当しています。
  • プラネタリウム班
    • 東京海洋大学に設置されているプラネタリウムのメンテナンス作業を行います。
    • また、プラネタリウム上映の際のまとめ役です。
  • 巡回班
    • 巡回活動に協力してくださる学校との連絡をとります。
    • また、巡回での講演・講話を担当します。
  • 地域班
    • 東京海洋大学周辺地域で行われる様々なイベントに、
    • 海事普及会が参加する際の準備を担当します。



       

お問い合わせ 

トップページへ
サイトマップ 東京海洋大学
Copyright kaiji_fukyukai ,Tokyo University of Marine Science and Technology All rights reserved.
 
inserted by FC2 system